消灯時間について

| 未分類 |

夜行バスは、夜間移動するため時間によっては消灯がされます。バスの中が薄暗くなり、寝るのに適した暗さになりますので、注意してください。

 
基本的に夜行バスの消灯時間は23時です。個室などがありませんので、バス全体が暗くなりますので、注意しましょう。と言っても、流石に真っ暗だと動くことができません。だから、足元にある照明などは付いているのでそれを頼りに移動してください。故に、完全に暗くなるわけではありません。また、本を読むための照明を使うことが出来るので、それで一応消灯時間でも本を読むことが出来るでしょう。

 
消灯時間になったら、基本的に乗客の人は寝るので消灯時間は静かにするのがマナーです。だから、音の出る物はしっかりと音を抑えるか、ヘッドホンなどを使用して対処してください。でないと、周りの迷惑になります。もちろん、騒ぐことも厳禁です。ただ、トイレに行きたいなどの移動行為は問題ありません。

 
消灯は、バスに乗った時に説明がありますが、突然暗くなるバスも在りますので注意してください。その前にしっかりと準備をするようにしてくださいね。
このように夜行バスの消灯時間があります。基本的に消灯時間になると寝るのが一般的なので、しっかりと睡眠をとりましょう。

 

 

最近の投稿