» 2013 » 4月のブログ記事

denwa

 

夜行バスは、個室などがありませんので、女性の場合若干怖いという人がいるでしょう。そのようなことでお悩みの人はレディースシートを使用すれば良いです。これを使用することで、隣が女性になりますので、使ってみると良いでしょう。

 
レディースシートは、密室である夜行バス内で安心して睡眠をすることが出来るようにすることが出来るシートです。基本的には隣が女性に設定されており、女性への配慮をされているでしょう。ただ、そこまで席数が多いわけではありませんので注意してください。それに、他の席は普通に一般客ですから、それも注意して夜行バスに乗ってください。と言っても、1台まるごと女性専用バスの夜行バスが在りますので、それを利用すれば良いでしょう。ただし、自分が乗る所に在るとは限りませんのでよく確認をしてください。

 
レディースシートは、基本的に上記のようになっています。だから、かなり稀ですが、他の女性客が居ない場合が在りますので注意してください。ただ、そこに座る女性が居ないだけも在りますが、よく考えて行動をしたほうが良いですね。まあ、心配なら事前に確認をしてみると良いでしょう。
このように女性が安心できるレディースシートが在りますので、よく考えて使用してください。当たり前のことですが、ボーイズシートはありません。

 

 

装備について

| 未分類 |

夜行バスは、普通のバスと違った装備をしています。その装備を上手く使うようにしてください。
夜行バスには、トイレが備わっています。長時間の走行なので、トイレを我慢するのは難しいでしょう。だから、車内についているトイレを利用すると良いですね。ただ、そこまで広いとは言えないので注意してください。

 
次に、飲み物を飲むことが出来るところがあります。と言っても、全てのバスについているわけではありませんので注意してください。飲み物は、セルフで用意することができます。だから、しっかりとお金を払って飲むようにしてください。飲み物の種類などは、そこまで多くない場合がほとんどなので注意しましょう。ちなみに、一緒に喫煙室がある場合があいます。それが在るならそこでタバコを吸ってくださいね。無い場合は我慢するようにしましょう。

 
各席には、読書をすることが出来るライトがあります。それを使用すれば、周りの人に迷惑にならないように読書をすることが出来るでしょう。消灯時間になった時に使うのが良いですね。だから、時間を持て余している人は読書をする良いかもしれません。
このように夜間バスの装備がありますので、しっかりと確認して使うようにしてくださいね。

 

 

夜行バスの席について

| 未分類 |

夜行バスは、基本的に普通のバスのように乗車していきます。だから、席の予約が無い場合は乗車した人の順で席を決めることが出来るでしょう。だから、自分がどこに乗りたいかを決めておいた方が良いかもしれません。

 
基本的に夜行バスは、席の選択自体は普通のバスと同じです。しかし、普通のバスとは違う構造になっているので、注意しないといけません。特に注意しないといけないのがトイレの存在でしょう。トイレの近くは誰だって避けるので注意しないといけません。まあ、トイレに近ければすぐにトイレに入ることができますが、その分匂いが大変なので注意してくださいね。また、窓側席になりたいと言う人もいるでしょう。そこは、そこに座っている人と交渉してください。ただ、必ずしも交換することが出来るわけではありませんので注意しましょう。

 
予約席は、ほとんどの場合ありません。たまにある夜行バスが在りますが、基本的には上記で説明したように普通のバス同様のやり方で座ることになります。まあ、無いわけではありませんので、探してみると良いでしょう。その場合、結構値段が高い場合が在りますのでよく考えてください。
このように、夜行バスの席があります。自分が求める席に座ることが出来ない場合が在りますので、その場合は諦めるか交渉するかをしてください。

 

 

予約について

| 未分類 |

夜行バスは、ほとんどの場合予約をしないといけません。予約なしで行こうとすると、乗れない場合が多々あります。特に乗車人数が限界になると乗れませんので注意してください。

 
基本的に夜行バスは予約をして乗車するのが良いでしょう。夜行バスによっては予約をしていないと入れないところが在りますので、自分が乗りたいと考えているバスがどのようになっているかを調べるようにしてください。ちなみに、予約をしなくても良いバスもあります。しかし、その場合は、乗車人数がオーバーするとその時点で乗れません。そして、予約をした人が先になるので、予約者が乗車人数ギリギリまで埋まっている場合は乗れないので注意してくださいね。

 
基本的に予約は1ヶ月前にすることができます。これで、しっかりと予約することで、夜行バスに乗ることが出来るでしょう。ただ、バスによっては2ヶ月前から予約が開始しているところもあり、下手をするとそのバスに乗れない場合が在りますので、計画的に予約するようにしてください。ちなみに、バスの席を予約出来るバスについては、基本的に早い者勝ちなので、早めに予約しないと希望する席を獲得することが出来ないでしょう。
このように夜行バスに乗る場合は予約をしたほうが良いです。よく考えて行動するようにしてくださいね。

 

 

乗る前に食事を

| 未分類 |

夜行バスは、基本的にバスの中での行動がほとんどです。そして、バスの中でご飯などの提供はほとんど無いでしょう。だから、予め夜行バスに乗る場合は、先にご飯を食べてからの方が良いですね。

 
夜行バスは、列車などのように動く売店があるわけではありません。むしろ在るとしてもお茶やコーヒーくらいなので、ご飯をバス内で手に入れることは不可能です。だから、予め食べておくか、コンビニなどで購入しておくのがベストです。ただし、長時間のバスなので匂いがキツイ物は、控えるようにしてください。特にバス内で食べる食事はよく考えておきましょう。もしかすると食事を忘れてしまったお客がいるかも知れませんので注意してください。

 
途中休憩などでサービスエリアに行く場合があります。そこで、食事を獲得することが出来るかもしれません。と言っても、夜なのでまともな食事は期待出来ませんね。在るとしても自販機のものしかありませんので注意してください。それに、途中休憩自体無い場合が在りますので、そこでの獲得は視野に入れない方が良いです。

 
このように夜行バスに乗る前に食事をするのがベストでしょう。長時間のバスなので、しっかりと食べるようにしてください。ただし、酔う人は注意しましょう。

 

 

途中休憩について

| 未分類 |

a1180_004643

 

夜行バスによって異なるのですが、途中休憩をする夜行バスがありますので、その時にいろいろとすれば良いでしょう。

 
夜行バスは、基本的に高速道路などを使い長距離の移動をしていきます。流石に深夜であることと長距離という事で、運転手の交代をするために途中休憩を取るようにしている夜行バスがほとんどでしょう。故に、その途中休憩に乗客もすることができます。途中休憩は基本的にサービスエリアによる休憩なので、トイレや多少の飲み物や食べ物の確保をすることが出来るでしょう。と言っても、ほとんどのところが開いていないのでそこまで大量に手に入れることは出来ないので注意してください。まあ、トイレ休憩やタバコの喫煙などをすることが出来るので、その途中休憩で済ませると良いですね。ただし、注意点があります。

 
まず、夜行バスによっては途中休憩が無いところがあるでしょう。特に長距離でも比較的短い距離ならそのまま移動することが多いので注意してください。また、途中休憩時に必ずしも出られると言うわけではありません。単純に運転手の交代だけで終わらす場合があり、休憩自体の時間が無い場合がありますので注意しましょう。これらのことがありますから、極力バスに乗る前にいろいろと済ませておくのが良いですね。
このように夜行バスの途中休憩が在りますので、よく考えて行動してください。

 

 

 

マナーについて

| 未分類 |

夜行バスは、夜間に移動するバスです。だから、通常のバスよりもマナーをしっかりとしていないといけませんので注意してください。

 
夜行バスは、基本的にバスが動いていても立ち歩くことができますが、ウロウロとしないのがマナーです。目的のことをすることが出来たのなら、しっかりと自分の席に戻るようにしてください。次に、音に注意するようにしましょう。23時以降になると消灯が在りますので、その時間にうるさくするのはマナー違反なので注意してください。また、光などにも注意しましょう。消灯をしているので暗いですね。そのようなところで光る物の使用は避けましょう。ちなみに、当たり前のことですが、眠っている人の妨げになる行為も避けるようにしてくださいね。

 
次に、匂い関係です。バス内で食事を取ることはできますが、あまりにも匂いが激し物は辞めておいた方が良いですね。また、タバコなどは喫煙ルームがあるならそちらで、そして無いなら我慢するのがマナーなので注意してください。

 
このように夜行バスのマナーがあります。基本的に他の人に迷惑をかけないように乗っているようにしましょう。もしも、マナーが守れない場合は、最悪叩きだされても文句は言えないです。まあ、そのようなことは無いと思いますが、マナーを守って乗車するようにしてください。

 

 

 

消灯時間について

| 未分類 |

夜行バスは、夜間移動するため時間によっては消灯がされます。バスの中が薄暗くなり、寝るのに適した暗さになりますので、注意してください。

 
基本的に夜行バスの消灯時間は23時です。個室などがありませんので、バス全体が暗くなりますので、注意しましょう。と言っても、流石に真っ暗だと動くことができません。だから、足元にある照明などは付いているのでそれを頼りに移動してください。故に、完全に暗くなるわけではありません。また、本を読むための照明を使うことが出来るので、それで一応消灯時間でも本を読むことが出来るでしょう。

 
消灯時間になったら、基本的に乗客の人は寝るので消灯時間は静かにするのがマナーです。だから、音の出る物はしっかりと音を抑えるか、ヘッドホンなどを使用して対処してください。でないと、周りの迷惑になります。もちろん、騒ぐことも厳禁です。ただ、トイレに行きたいなどの移動行為は問題ありません。

 
消灯は、バスに乗った時に説明がありますが、突然暗くなるバスも在りますので注意してください。その前にしっかりと準備をするようにしてくださいね。
このように夜行バスの消灯時間があります。基本的に消灯時間になると寝るのが一般的なので、しっかりと睡眠をとりましょう。

 

 

夜行バスは、夜間を走るバスです。だから、この夜間と言うのを最大限使うのが良いですね。故に、よく考えて夜行バスを使用しましょう。

 
夜行バスは、基本的に夜間を移動するバスです。そして、このバスは長距離を移動するバスでしょう。これがとても良いメリットになりますね。まず、夜間に移動するということで、交通量が圧倒的に少ないでしょう。故に、定期時間に目的地に到着する確率が非常に高いです。だから、かなり使いやすいバスでしょう。また、夜間移動ですから寝ることができます。疲れている場合などはオススメできませんが、基本的に寝ながら目的地に行くことが出来るので楽ですね。そして、朝早く目的地に行くことが出来るのも良いでしょう。その日の予定を沢山考えることができます。

 
次に、夜行バスは高速道路などを使用して長距離を移動することが出来るため、遠くに行きたい場合に適しています。目的地をしっかりと調べて使うことで、スムーズに移動することが出来るでしょう。ちなみに、高速道路を使わない夜行バスもたまに在りますので注意してください。

 
このように夜行バスにはメリットが存在します。よく考えて使用することで、かなり有効的にバスをしようすることが出来るので、よく考えてくださいね。

 

 

 

夜行バスについて

| 未分類 |

夜行バスというがあります。これはその名の通り夜間に走るバスで、通常の市内バスと違ってかなりの長距離を移動するでしょう。これを上手く使うことで、朝早く目的の場所に行くことができます。

 
夜行バスは、基本的に夜中に移動するバスなので、使ったことが無い人も多いのではないかと思われるでしょう。だから、夜行バスの存在自体を知らない人も居るかもしれませんね。上記で説明したように名前の通り、夜間に移動するバスで、基本的に高速道路などを使用して長距離で移動することになります。だから、かなりの時間バスに乗っていないといけませんので注意してください。と言っても、一応途中休憩をすることが出来るので、そこで休むこともできます。

 
基本的にバスの中で目的地に到着するのを待つのですが、上記で説明したように長時間バスの中に居ないといけないため、いろいろと大変ですね。しかし、バスの中にはそれを補う装備が備え付けられているため、それを利用すれば大抵のことは解決するので、バスの構造をよく理解しておきましょう。

 
このように夜行バスがあります。自分が行きたいところの夜行バスを見つけて、うまく移動するようにしてください。ちなみに、夜行バスは通常のバスよりも値段が高いので注意しましょうね。

 

 

 

 

最近の投稿