» 2013 » 1月のブログ記事

ジョニー・デップ

| 未分類 |

choko480

 

ジョニー・デップをご存知でしょうか。
アメリカの俳優です。
日本での人気も高く、出演作品が何度も放映されることも珍しくありません。

主な出演作品は、『シザーハンズ』『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ『ネバーランド』『チャーリーとチョコレート工場』などが挙げられます。
子どもからご年配まで、幅広い年代から支持を受けている俳優です。
全米映画俳優組合賞主演男優賞を受賞するほど演技力の高さ。

彼が乗る車はいくつか言われていますが、その中でポルシェの911カレラ4について挙げたいと思います。

ポルシェ・911はシリーズで、最初に市場に出されたのは1987年のことです。911カレラ4は1988年の秋に出された車種です。シリーズの3代目に当たります。
フルタイムの4WDです。
当時、北米での911シリーズの人気はとても高く、しかしその人気の高さを保つためには、パーツを最新にしなければならないのに外観は変えてはならないという難題が浮き上がりました。
見事それをクリアしたのが911カレラ4です。
「最良のポルシェは最新のポルシェ」の言葉を受け継ぎました。

カレラ4はカレラよりも全幅が広いです。
内装はあまり変わりません。しかしこの外観の違いは大きく、人気の差にもなっています。

ジャッキー・チェン

| 未分類 |

ジャッキー・チェンをご存知でしょうか。
香港の映画俳優です。日本での人気もとても高いです。
コミカルで明るいカンフー映画は日本でも高評価を受けています。

彼の出演作には、多く三菱自動車のクルマが出てきます。
これはジャッキー・チェンが車両協力を受けているからです。
三菱自動車のCMにも出演した経歴があります。
そして、彼自身、三菱のパジェロを所有しています。
「私自身が三菱自動車のクルマが好き」とインタビューに答えたこともあります。

パジェロについてですが、そもそもの名前の由来は南米のヤマネコからだそうです。
最初に市場に出てきたのは、1982年のことになります。
それからフルモデルチェンジを何度か行っています。
エンジンもパワーもよく、運転のし心地は評価が高いです。
車内も、特に不備はないようです。シートの座り心地もよく、広さを感じさせる内装は長時間乗る時には特に気になる部分で快適さに繋がってくるのではないでしょうか。
長時間の運転に耐える車というのは個人差はあるかと思いますが、シートによるところも大きいと思います。
その点、このパジェロは評価を受けられると思います。

燃費も良いとのことで、パジェロミニにするよりはパジェロのほうが良い、との噂も耳にしました。

ジェフ・ゴールドブラム

| 未分類 |

ジェフ・ゴールドブラムをご存知でしょうか。
アメリカ出身の俳優です。

日本で最も名前を知られたのは、『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』でしょう。
そのほかにも『ザ・フライ』『インデペンデンス・デイ』が主な出演作品として名前が挙げられます。

彼のクルマのひとつは、メルセデス・ベンツMクラスです。
『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』で、市販される前に映画デビューを飾ったという車と同じ型のクルマをベンツ社から進呈されたといわれています。

外観もしっかりしていて、曲線が柔らかさを感じさせ、無用な威圧感がありません。
しかし重厚感は残るので、最適なバランスを保っているといえます。

運転の性能は高いようです。
足回りは柔らかく、しかしコーナーではちゃんと粘るので危なげはないようです。
高速、長距離運転にも優れています。
また、静粛性の高さも評価に繋がっています。
高速で載っても風切り音がほとんど聞こえないのは、快適な運転には必要不可欠な要素でしょう。

空間も広く、運転をしている時に窮屈感を感じることも少ないようです。

燃費が国産車に比べると悪く、メンテナンスはそれなりの金額が掛かるようですが、それ以上の充実度があるのではないでしょうか。

ジェイミー・リー・カーティスをご存知でしょうか。
アメリカ出身の女優です。

主な出演作品として、『トゥルーライズ』『大逆転』『ハロウィン』などが挙げられます。
『トゥルーライズ』では主演女優賞を受賞するなど、演技力に対する評価は高いです。

彼女のクルマは、ホンダのFCXクラリティです。
クルマに詳しい方ならおわかりになるでしょうか。
詳しくなくても、聞き覚えがあるという方も少なくないのではないでしょうか。

市販された車にも関わらず、簡単には買えない車。

どういうことかと言いますと、FCXクラリティは燃料電池車です。
排出ガスはゼロ。二酸化炭素を出さないということです。水しか出しません。
温暖化の著しいこれからの世界で最も求められている形のクルマなのです。
乗り心地は充分、普通車と同じです。
しかし、生産コストが高すぎます。
現代の日本ではとてもではありませんが市場に出せないものです。
代わりというわけではありませんが、アメリカではリース価格として通常より安価で「導入試験」を行いました。

燃料電池車が高額なことに理解を求めることはできても、価格に納得していただけるかはまた別の問題です。
普及すれば世界のためになりますが、販売価格が通常より1ケタも2ケタも大きくなる車にはなかなか手が出ないのが通常です。
彼女は、世界で最初のFCXクラリティ・オーナーの1人なのです。

ケイン・コスギ

| 未分類 |

ケイン・コスギをご存知でしょうか。
日本でもよくよくテレビ番組に登場しますが、日系のアメリカ人でタレントです。
日本での目立つ出演番組には『筋肉番付』や『SASUKE』などのスポーツ系バラエティ番組が挙げられます。
成績もよく、まるで現役のスポーツ選手かのような記録を残しています。

そんな彼のクルマは、クライスラー300だと言われています。
クライスラーはアメリカの自動車メーカーです。
自動車産業大国であるアメリカでビッグスリーのひとつとして名前が挙げられていました。
2009年に金融危機のあおりを受ける形で倒産法を申請、再建しました。

クライスラーは常に先進技術を取り入れてきました。
それはビッグスリーに名を連ねるほかの2社( ゼネラルモーターズ、フォードモーター)にも引けをとりません。むしろ置いていく勢いです。

高級感のあるセダンとして売り出されました。300Cをベースにしています。
既存のシリーズに近代的なアレンジを加えられたというだけあり、エンジンその他の性能はとても高い水準を保っています。
外観はまさに重く、質実剛健な雰囲気です。黒塗りの光もまたそのイメージに拍車をかけます。
また、性能でいうとスポーツカー並みです。
見た目が大きく圧倒的である分、存在感は充分だといえます。

オーランド・ブルーム

| 未分類 |

022660オーランド・ブルームをご存知でしょうか。
イギリスの俳優です。
『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』『ロード・オブ・ザ・リング』でよく知られているのではないかと思います。
高い演技力と整った容姿で多くのファンを獲得しています。
エコロジストとしても熱心であることが知られています。

そんな彼のクルマは、アウディ・A6です。
アウディはご存知の通り、ドイツの自動車メーカーです。
外観はなめらかで優美な曲線を描き、高級感があります。危なげなく見えるデザインだからこそ、センスが見えるのではないでしょうか。
加速感もよく、スピードを出したい時に踏み込んだ感じがあることは日本車の軽い踏み込みになれたユーザーであれば多少重たさを感じるかもしれませんが、慣れると、とても「運転している感」が感じられて良いのではないでしょうか。
運転してみると、スポーツカーであると実感できるようです。
エンジンも静かで、街中を走る、普段乗りのクルマとしても申し分ないと言われています。

また、エマと同様にトヨタのプリウスに乗っていたこともあるようです。
プリウスはハイブリッドカーであるため、エコロジストな彼の興味を引いた、のかもしれません。

エマ・ワトソン

| 未分類 |

エマ・ワトソンをご存知ですか。
彼女の名前が知られたのは、ハリー・ポッターシリーズのハーマイオニー・グレンジャーとしてでしょう。
イギリス人とフランス人のクウォーターです。
初めての映画出演がハリー・ポッターシリーズで、そのシリーズ作品中にAOL最優秀助演女優賞を受賞しています。

そんな彼女の愛車はトヨタのプリウスです。
インタビューで、大きな買い物としてプリウスの名を挙げています。

プリウスは、量産型ハイブリッド車として初めて世の中に登場しました。
ハイブリッド車の最高の利点とは、簡単に言うとガソリンエンジンの供給によって電気自動車を運転できること、と言えるかもしれません。
燃費効率を上げるために自動で切り替えを行っています。一辺倒ではないことで最適化を行っています。これは「シリーズ・パラレルハイブリッド」という方式です。
環境問題が叫ばれる中、走行中にエンジン・モーターの燃費効率を考え自動で切り替えを行ってくれるのはとてもポイントが高いでしょう。

しかし、この計算が環境に左右されてしまうところはまだまだ改良の余地があると言えるでしょう。
クルマのコンピュータが感知できる範囲にも限界があり、時には表示と異なることも起こり得ます。

エディ・マーフィ

| 未分類 |

エディ・マーフィをご存知ですか。
アフリカ系アメリカ人で、俳優、コメディアンです。

主な出演作には『ドクタードリトル』『ホーンテッドマンション』『シュレック(声優として)』が挙げられます。
演技力は高評価であり、出演作の中には興行成績1億ドル以上の作品も少なくありません。

彼の乗っていた車は、フェラーリ599です。
高級車であるフェラーリの中でもパワーが最大と言われるフェラーリ599です。
エンジンのスムーズさ、静かさに定評があります。

外観は、これぞフェラーリと、映画などでよく目にする形で、とても洗練されていて美しいです。
シャープな線が目立ち、優美というよりは強めの引き締まったイメージを与えます。

公式ホームページに述べられていることに、『フェラーリ599を設計する際の目標』として、
・豊かなドライビングプレジャーを提供すること
・F1のテクノロジーを取り入れて高度な動力性能を獲得すること
・快適性と使い勝手を人間工学的に解析しそれを実現すること
・そして安全性を確保すること
挙げています。
これらは達成され、歴代のフェラーリの中でも最良の評価を得ています。

ちなみに名称についてですが、本国でつけられた正式名称の中に日本ですでに商標登録された単語があったために、最終的に「559」のみが残ったという経緯があります。

ウィル・スミス

| 未分類 |

ウィル・スミスをご存知でしょうか。
アメリカの俳優、ラッパーです。
出演作『ALI アリ』『インデペンデンス・デイ』『7つの贈り物』などは高い評価を受けました。

ウィル・スミスが乗っていた車は、 マイバッハのマイバッハ62です。
ドイツの車です。ドイツの車は重厚感があって人気がありますが、同時に高級とも言われます。
その中でもこのマイバッハは別格です。通常の人では手を出さないような高額車です。

しかしそれに見合うだけのポテンシャルも持ち合わせています。
デザイン性も高く、なにより高級感がありますね。
頑丈で、どっしりと地に足がついた感覚が伺えます。
また、仕様等についてオーダーメイド制をとっており、内装ひとつをとっても購入者の希望が叶うという、車好きにはたまらないブランドなのではないでしょうか。

このマイバッハはブランド名で、ダイムラーの傘下にあります。
ダイムラーは、メルセデス・ベンツのブランドも持っています。
マイバッハは、メルセデス・ベンツのSクラスに相当する、それ以上のブランドとしてその地位を築いてきました。
性能についてはSクラスより上だと言われています。

2013年にブランドが廃止されることが決定されており、とても残念です。

有名人の愛車について

| 未分類 |

今や、クルマがある地域でクルマに一度も乗ったことがない人はほとんどいないのではないでしょうか。
自家用車を持っていなくても、乗り合いバスなども公共の交通機関として多くの人に利用されています。移動手段としては、タクシーも有効です。

クルマ社会と言われた時代、当然、自分のクルマに愛着がある人がでてきてもおかしくありません。
何千万ものお金を新車に注ぎ込む人もいます。
改装・改造費に車体以上のお金をつぎ込んだ人もいるでしょう。
どこまでもかわいがって、常に自分の手を入れてきたクルマ。

雑誌やテレビ番組で、有名人が車を運転している姿はよく目にするのではないでしょうか。
もちろんそれらは、宣伝のために自動車メーカー側が用意したクルマです。
では、その有名人のプライベートではどのような車に乗っているのでしょうか。
高級車か、大衆車か、コンパクトカーか、それとも軽自動車か。
乗っていない人ももちろんいらっしゃるでしょう。多忙な方々ばかりでなかなかドライブに行ったり運転する機会もないでしょうから。
しかし、中には愛車を持って、インタビューなどでそれに答えている人も中にはいます。

ここでは、有名・著名人の愛車についてみてみたいと思います。

最近の投稿