» 2012 » 11月のブログ記事

高速バスって?

| 未分類 |

高速バスは、高速道路を使用するバスのことを言います。通常のバスよりも長距離動くことが出来るので、かなり便利でしょう。ただし、通常のバスよりは本数が少ない場合ありますのでよく確認してから使用するようにしてくださいね。
高速バスは、基本的に誰でも使うことができるバスです。高速道路内にバス停がありますので、そこから乗ることもできますが、無い場合もありますので注意しましょう。
高速バスには座席定員制、座席指定制、予約定員制があります。それぞれ乗り方が違いますので注意してくださいね。ちなみに、座席定員制は、予約を使用しないバスで、他は予約を必要とするので自分が使用するバスがどれかをよく確認するようにしてください。
バスは基本的に大きなバスで、通常の公共バスと違い、完全に観光バスのような状態なので、席を無駄に使わないようにしてくださいね。そして、座席定員制のバスの場合は、席がなくなると補助席を使って補います。ですが、それ以上となると乗れないので注意してくださいね。

このように高速バスがあります。利用に関しては難しくはありませんが、予約など必要になる場合がありますので注意してください。ちなみに、値段は通常のバスよりも多少値段が高いです。

高速バスの乗り場

| 未分類 |

高速バスの乗り場は、基本的に駅やバス停で乗ることができるでしょう。通常のバスと違って、バス停にいるから確実に乗れるわけではありませんので、注意してください。もちろん、予約をしているなら乗れるはずです。

高速バスの乗り場としては普通にバス停を使用します。座席指定制の高速バスを使用している場合は、普通のバスと同様に乗ることができますが、予約定員制の高速バスを利用する場合は、先に予約をしている人を乗せます。この時に間違っても予約していないのに紛れて乗らないようにしてください。ちなみに、この時に乗れなかった場合は補助席を使用します。それでも乗れない人が出た場合は、その人より後ろの人達は、次のバスに行ってもらうので注意してください。それが嫌なら予約をして確実に乗りましょう。

そして、座席指定制バスを利用する場合は普通にバスに乗ることができます。自分が指定した場所に必ず乗るようにしてくださいね。これは確実に乗ることが出来るので、安心することができるでしょう。ただし、時間を間違えないようにしてくださいね。

このように高速バスを乗ることができます。マナーを守って、楽しく高速バスを利用してくださいね。間違ってもトラブルを出して高速バスの時間を伸ばさないようにしてください。

高速バスの利用方法

| 未分類 |

高速バスの利用方法としては、普通のバスと同じようにできるバスもありますが、予約をしないといけないバスもあるので注意してください。
基本的に高速バスはバス停から乗ることができます。駅などにバス停があるので、そこに行って乗れば良いです。ただし、上記でも説明したように予約が無いとダメなバスがありますので、その場合はしっかりと予約してバスチケットを手に入れて使用してください。そして、予約なしで良いバスは、普通のバスと同じように乗ることができます。支払いも同じ様になるので、用意しておきましょうね。ちなみに、席数が普通のバスよりも多いですが、しっかりと詰めて乗りましょうね。また、席が無くなったら補助席を使用することが出来るので、それを利用してくださいね。

予約をする場合は、みどりの窓口やインターネット予約などを使用すれば良いでしょう。必ず乗車券を持ってバスに乗ってくださいね。また、席も間違えないようにしてください。
このように高速バスを利用することができます。高速バスを利用することで、長距離移動をすることが出来るので、使ってみましょうね。ちなみに、夜行バスの場合、値段が安くなる場合もありますので、よく考えて行動しましょう。

高速バスの設備について

| 未分類 |

高速バスは、基本的に長時間座っていないといけません。故に、バスの中には設備がありますのでそれを利用すると良いでしょう。

まず、バスにもよりますが荷物を置くスペースがあります。出来るだけ座るスペースを確保しないといけませんので、大きな荷物はしっかりと収納してください。ちなみに、バスによってはかなり小さい場合もありますので注意してくださいね。

次に、給茶機や冷蔵庫を備えているバスがあります。もちろん、セルフサービスなのでお茶などは自分で入れてくださいね。あと、冷蔵庫の中は共通なので、人の物を勝手に取らないようにしてください。バスによっては自動販売機があるところもあるので、それを飲んでも良いでしょう。ちなみに、昔は大きなテレビに映画などがやっていることがありましたが、最近だと、客席でテレビを見ることができるようになっているバスも在るでしょう。次に、テレホンカード専用の車内電話があります。今じゃ携帯電話を普通に使う人が多いでしょうが、バスの中は携帯電話を使用することができませんので、こちらの車内電話を利用してください。他にもトイレがあります。あまり大きくはありませんが、トイレに行きたくなったらすぐに行きましょうね。

このように高速バスの設備があります。うまく使って長時間のバスをすごしてください。

高速バスの広さについて

| 未分類 |

高速バスの広さは、高速バスによって違いますが、基本的に狭いです。もちろん、そこまで人が居ない場合は広く感じるのですが、沢山の人が利用している状態、特に補助席まで使用している場合は、かなり狭いでしょう。だから、この狭さに注意した方が良い場合があります。

高速バスには設備がありますが、そこまで行くのにかなり苦労することになる場合が在るでしょう。気軽に行けない場合もありますので注意しておかないといけません。また、あまりスペースが無いため、人との距離がとても近いことも注意しないといけませんね。別段気にしない人なら良いのですが、狭いのが嫌いや人との接触をしたくない人にとっては苦痛でしかないでしょう。

荷物などはしっかりと荷物入れに入れてくださいね。隣の座席に荷物を置かないようにしてください。出来るだけ人が入れるようにしてくださいね。ただし、予約関係に限り、二人分の席を予約して居る場合は問題ないでしょう。予約なしで入れるバスの場合はしっかりと開けてください。

このように、結構高速バスの広さはありません。まあ、所詮バスですからあまり期待しないでくださいね。と言っても、補助席が無い場合は意外にスムーズに進めるのでよく考えて行動してくださいね。

シートベルトについて

| 未分類 |

少し昔の話になりましたが、自動車に乗る時は後部座席の人は必ずシートベルトの着用を義務付けられるようになりましたね。これにより、後部の人もシートベルトを付けないと運転手にその分の罰点が付けられます。では高速バスはどのようになっているのでしょう。

高速バスに限らずバスの場合は、基本的に後部に居る人はシートベルの着用をしなくても良いです。もちろん、安全のためにシートベルトを使用するのも良いことですが、バスによってはシートベルトが無い場合もありますので注意です。従って高速バスは、シートベルの着用をしなくても良いです。ちなみに、高速バスには設備が備わっているため、どうしても走行中にあるかないといけないため、高速バスにはシートベルトの着用の義務化はありまえん。だから、トイレなどいきたい時に行けば良いでしょう。ただし、高速バスでも揺れる時は揺れるので注意してくださいね。

このように高速バスの場合はシートベルトを着用する必要性はありません。好きに歩いて設備を使うことができます。ですが、他の自動車の場合はしっかりとシートベルトを使用することをオススメしますね。シートベルトをしなかったことで、何千人も亡くなっているので注意してください。

乗車券の獲得の仕方

| 未分類 |

高速バスの乗車券は、バスによって違いますので注意してください。
座席定員制の高速バスを使用する場合は、乗車券は普通のバスと同じように獲得することができます。入り口付近か、乗車券自体要らないかですね。この高速バスは、予約をすることができないため、事前に乗車券を獲得することができないので注意してください。

次に、予約定員制のバスは、予約をしている人のみ先に乗車券を獲得しています。それを見せることで予約した順に乗ることができるでしょう。ちなみに、このバスは予約していない人も乗ることが出来るので、予約なしの人はその時に乗車券を獲得してください。

そして、座席指定制の高速バスですが、これは予約時に乗車券を獲得することができます。他の高速バスと違って、乗車券は確実に必要になるので、注意してください。乗車券は、みどりの窓口の場合は普通にくれて、インターネットを使用した場合は、印刷して乗車券を獲得してください。ちなみに、乗車券に座席番号があります。
このように乗車券を獲得することができるでしょう。それぞれで多少違うので間違えないようにしてください。特に座席指定制の高速バスを使用する場合は、乗車券を忘れないようにしてください。

座席定員制の高速バスがありますね。この高速バスは予約などができません。故に、完全に着席は入った人の順になります。
この座席指定制の高速バスは、基本的に他のバスと同じように使用することができます。故に、なんとなく高速バスに乗って、次の町に行くと言う行動もすることができるでしょう。バスなので席数が限られているため、入った人は空いている席に入るようにしてください。ちなみに、席が埋まっている場合は、補助席を使用して乗ることができるでしょう。ただし、補助席も埋まっている場合は、立ちでの乗車ができないため、諦めて次のバスに乗らないといけません。だから、ある意味では早い者勝ちでしょう。ちなみに、座席指定制の高速バスは結構多く走っており、仮に乗れなくてもすぐに来る場合があります。ですが、他のバス同様それなりに待つので注意してください。
このバスのお金を払うシステムは、普通のバスと同じく、降りる際に支払いをします。だから、お釣りなど無いように注意してくださいね。
このように、座席指定制の高速バスがあります。予約などの面倒な作業をしなくても良いのでかなり便利でしょうね。気が向いたら高速バスに乗ることが出来るので、気兼ねなく使用してください。

予約定員制の高速バスがあります。これは名前の通り、予約をした状態での高速バスの仕様です。と言っても、これは座席指定制の単純に席が1つ予約されるだけのバスです。基本的には座席指定制と同じように使用することができますが、予約していれば確実に乗ることができるでしょう。ただし、予約した人の方が優先的になるので、予約していない人は基本的に補助席が空いていないなら、次の便に回されるので注意してください。だから、予約をしておくのが良いでしょう。

予約定員制の場合、予約している人が先に乗車してから予約していない人が入ります。この時に席が埋まった場合は上記の処理をされるでしょう。故に予約者は確実に入ることができます。ちなみに、この時に窓側席などを選ぶことができますが、通路席に座りたい場合、窓側席に誰も居なかった場合は、後から来た人と交渉して解決してください。予約者だからと言って、何をしても良いわけではありませんので、しっかりと交渉してくださいね。
このように予約定員制があります。予約定員制は、あくまでも予約をしていない人よりも速く入ることが出来るだけの物です。だから、人が居て窮屈だと感じる場合は違うやり方をしてください。

座席指定制の高速バスがあります。これは名前の通り座席を指定して乗ることができる高速バスです。この予約のやり方としては、みどりの窓口やインターネットの予約システムなどを使用して予約をすることができます。座席を指定しているので、まず確実に自分が思った所に座ることができます。それに、完全に予約制なため、変に混み合うことは少ないでしょう。ちなみに、自分が求める席がない先に予約されている場合があります。その場合は他の席にするか、他の時間帯のバスにするかを考えて選んでくださいね。

システムとしては、飛行機と同じようなシステムをしています。当日までに予約をしておけば席を確保することができます。そして、指定した席に座れば良いだけですね。また、この座席指定制でやる場合は前払いのため、支払いなどは先に済ませるので、降りる時にもたつくことはないでしょう。だから、結構楽なシステムですね。
上記でも少し説明しましたが、これは完全に予約制なので、後から空いているからと予約をしていない人が入ることができません。だから、間違って座席指定制の高速バスに乗らないようにしてくださいね。
このように、座席指定制の高速バスがあります。混雑なバスに乗りたくないや指定した席に座りたいなどがあるならこれを使用した方が良いでしょうね。

最近の投稿