» 未分類のブログ記事

様々な状態でも走れる車

| 未分類 |

自動車を運転している人で怖いと思うことは何ですか?
やはり雪道を走るというのは長年運転をしているドライバーでも怖いと思うのではないでしょうか?
最近では雪道に強いとして4WDが登場しましたが4WDでも滑るということはよくあります。
それはなぜなのかというと雪道というのは一つではなく様々な状態があるからなのです。

 

よくきくのはアイスバーンという状態です。
これは一度雪が日中に解け夜になって再び凍ってしまうことで起こる状態の事を云います。
実はこれ以外にもミラーバーンと呼ばれる状態やブラックアイスバーン、圧雪路などのように様々な状態の雪道があるのです。
このように雪道を運転するならばどの雪道にも強い車を選ぶということが大切になります。
最近ではそういった車も多く登場しているのです。

 

それがフルタイム4WDと呼ばれるシステムを使っている車です。
この車は通常の4WDとは違い常に4WDの状態になっているためどんな道でも安定した走行を実現することができているのです。
冬場に強い車として今では多くの車が登場しているので、これから車を購入しようと思っている人はフルタイム4WDの様な雪道に強い車を購入するといのではないでしょうか。

走行性が高い

| 未分類 |

a1180_000820

 

雪道で自動車を走らせるというのは長年運転しているドライバーでも怖いと思いますよね。
しかし、最近では雪道に強い車というのが多く登場しているのを知っているのでしょうか?
車の性能のおかげで通常の運転でも雪道でしっかりと走ることができるようになってきているのです。

 

では雪道で走ることができる車というのは通常の車とはどういった違いがあるのでしょうか。
雪道で走ることができる車というのは、まずに走行性が大きく変わってくるのが特徴です。
雪道で強い車というのは駆動が違うのです。
通常4WDが利用されていますが、この4DWというのはパートタイム方式というもので、雪道になったときに4WDになるといった仕組みでした。
しかし、これだけでは雪道には強くなれないため今ではフルタイム4WDというものが使われているのです。
これは常に4WDになることができるため安定した走行ができるということなのです。

 

このように雪道に強い車というのはどんな悪路でも安定した走行性を保つことができるとういうのが大きな特徴となっています。
悪路でも走行性が高いというのが通常の車との大きな違いなのです。
雪道などをよく走るという人はこういった車を購入してみてください。

タイヤが強い

| 未分類 |

自動車を運転している人にとって怖いものと言えば雪道の運転ではないでしょうか?
やはりどんな車に乗っていても雪道での運転は怖いと思っている人は多いと思います。
しかし、最近ではそんな雪道に強い車というのが多く登場しているのです。

 

ではどうして雪道に強い車と言えるのでしょうか。
それは様々なシステムや技術のおかげで雪道に強くしているからです。
まず一つがタイヤです。
車が滑る原因の一つがタイヤだからです。
タイヤがしっかりとしていないと雪道ならばすぐに滑ってしまします。
特にブレーキをかけたときにしっかりと止まってくれないため事故が起こりやすくなってしまうのです。

 

そこで、雪道でもしっかりと走ることができるように作られたのがスタッドレスタイヤというものです。
このスタッドレスタイヤは通常のタイヤよりもしっかりと駆動力を地面に伝えることができるようになっているため雪道などの悪路でも安定して走行することができるようになっているのです。
最近ではこのスタッドレスタイヤの技術が格段に進歩しかなりの効果を発揮するようになってきました。
このように雪道でもしっかりと走ることができる車というのはタイヤなどの技術が進歩しているからなのです。

雪道に強い仕組み

| 未分類 |

最近では雪道に強い車というのが多く登場しているのを知っていますか?
北海道などの寒い地域などはもちろんですが、冬場にレジャーなどに出掛けるために車を利用するという人は多いと思います。
そういったときに雪道が怖くて走れないなんて経験があるのではないでしょうか?
そういったときでもしっかりと走ることができるようになっている車が多く登場しているのです。

 

ではそういった雪道に強い車というのはどういった仕組みになっているのでしょうか。
雪道に強い車の仕組みというのはその駆動システムにあります。
通常使われている駆動システムはパートタイム方式と呼ばれるシステムです。
4DWのシステムで雪道になると4DWに切り替わるといった形になるものです。
しかし、これでも雪道に強いとは言えず実際にスリップなどを起こしてしまう車も多いのです。

 

そこで、現在使われている方式がフルタイム4DWと呼ばれるシステムです。
これは切り替えではなく常に4DWで走ることができるようになっているシステムでこれにより常に安定した走行ができるようになっているというのが特徴です。
しっかりと運転ができるようになっているので、雪道でも安心して走行ができるようになっているのです。

雪道に強い車

| 未分類 |

冬場になるとレジャーなどに出掛けたくなるという人も多いのではないでしょうか。
しかし、冬場のレジャーに出かけるときに困るのが車ではないでしょうか?
車で雪道を走るのが怖いと思っている方も多いと思います。
しかし、実は雪道に強い車というのが世の中には多くあるということを知っていますか?
実は車というのは雪道にでもしっかりと走ることができるようになっているのです。

 

では雪道でもしっかりと走ることができる車というのはどういったものなのでしょうか。
雪道でしっかりと走ることができるというのは駆動の仕組みがあります。
フルタイム4DWと呼ばれるものが今の車には搭載されていて常に4DWの状態で走ることができるというのが特徴になっています。
今までは雪道の時のみに4DWに切り替えるパートタイム方式というのが利用されていましたが、切り替え時の挙動のせいで滑ってしまうといったことがありました。
このフルタイム4DWならばそういったことがなく常に安定して走ることができるようになっているのです。
今ではこういったフルタイム4DWの車が主流になってきています。
燃費などもしっかりと気にしている車が多くなってきているので、冬道に強い車を購入してみてはどうでしょうか。

ジョニー・デップ

| 未分類 |

choko480

 

ジョニー・デップをご存知でしょうか。
アメリカの俳優です。
日本での人気も高く、出演作品が何度も放映されることも珍しくありません。

主な出演作品は、『シザーハンズ』『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ『ネバーランド』『チャーリーとチョコレート工場』などが挙げられます。
子どもからご年配まで、幅広い年代から支持を受けている俳優です。
全米映画俳優組合賞主演男優賞を受賞するほど演技力の高さ。

彼が乗る車はいくつか言われていますが、その中でポルシェの911カレラ4について挙げたいと思います。

ポルシェ・911はシリーズで、最初に市場に出されたのは1987年のことです。911カレラ4は1988年の秋に出された車種です。シリーズの3代目に当たります。
フルタイムの4WDです。
当時、北米での911シリーズの人気はとても高く、しかしその人気の高さを保つためには、パーツを最新にしなければならないのに外観は変えてはならないという難題が浮き上がりました。
見事それをクリアしたのが911カレラ4です。
「最良のポルシェは最新のポルシェ」の言葉を受け継ぎました。

カレラ4はカレラよりも全幅が広いです。
内装はあまり変わりません。しかしこの外観の違いは大きく、人気の差にもなっています。

ジャッキー・チェン

| 未分類 |

ジャッキー・チェンをご存知でしょうか。
香港の映画俳優です。日本での人気もとても高いです。
コミカルで明るいカンフー映画は日本でも高評価を受けています。

彼の出演作には、多く三菱自動車のクルマが出てきます。
これはジャッキー・チェンが車両協力を受けているからです。
三菱自動車のCMにも出演した経歴があります。
そして、彼自身、三菱のパジェロを所有しています。
「私自身が三菱自動車のクルマが好き」とインタビューに答えたこともあります。

パジェロについてですが、そもそもの名前の由来は南米のヤマネコからだそうです。
最初に市場に出てきたのは、1982年のことになります。
それからフルモデルチェンジを何度か行っています。
エンジンもパワーもよく、運転のし心地は評価が高いです。
車内も、特に不備はないようです。シートの座り心地もよく、広さを感じさせる内装は長時間乗る時には特に気になる部分で快適さに繋がってくるのではないでしょうか。
長時間の運転に耐える車というのは個人差はあるかと思いますが、シートによるところも大きいと思います。
その点、このパジェロは評価を受けられると思います。

燃費も良いとのことで、パジェロミニにするよりはパジェロのほうが良い、との噂も耳にしました。

ジェフ・ゴールドブラム

| 未分類 |

ジェフ・ゴールドブラムをご存知でしょうか。
アメリカ出身の俳優です。

日本で最も名前を知られたのは、『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』でしょう。
そのほかにも『ザ・フライ』『インデペンデンス・デイ』が主な出演作品として名前が挙げられます。

彼のクルマのひとつは、メルセデス・ベンツMクラスです。
『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』で、市販される前に映画デビューを飾ったという車と同じ型のクルマをベンツ社から進呈されたといわれています。

外観もしっかりしていて、曲線が柔らかさを感じさせ、無用な威圧感がありません。
しかし重厚感は残るので、最適なバランスを保っているといえます。

運転の性能は高いようです。
足回りは柔らかく、しかしコーナーではちゃんと粘るので危なげはないようです。
高速、長距離運転にも優れています。
また、静粛性の高さも評価に繋がっています。
高速で載っても風切り音がほとんど聞こえないのは、快適な運転には必要不可欠な要素でしょう。

空間も広く、運転をしている時に窮屈感を感じることも少ないようです。

燃費が国産車に比べると悪く、メンテナンスはそれなりの金額が掛かるようですが、それ以上の充実度があるのではないでしょうか。

ジェイミー・リー・カーティスをご存知でしょうか。
アメリカ出身の女優です。

主な出演作品として、『トゥルーライズ』『大逆転』『ハロウィン』などが挙げられます。
『トゥルーライズ』では主演女優賞を受賞するなど、演技力に対する評価は高いです。

彼女のクルマは、ホンダのFCXクラリティです。
クルマに詳しい方ならおわかりになるでしょうか。
詳しくなくても、聞き覚えがあるという方も少なくないのではないでしょうか。

市販された車にも関わらず、簡単には買えない車。

どういうことかと言いますと、FCXクラリティは燃料電池車です。
排出ガスはゼロ。二酸化炭素を出さないということです。水しか出しません。
温暖化の著しいこれからの世界で最も求められている形のクルマなのです。
乗り心地は充分、普通車と同じです。
しかし、生産コストが高すぎます。
現代の日本ではとてもではありませんが市場に出せないものです。
代わりというわけではありませんが、アメリカではリース価格として通常より安価で「導入試験」を行いました。

燃料電池車が高額なことに理解を求めることはできても、価格に納得していただけるかはまた別の問題です。
普及すれば世界のためになりますが、販売価格が通常より1ケタも2ケタも大きくなる車にはなかなか手が出ないのが通常です。
彼女は、世界で最初のFCXクラリティ・オーナーの1人なのです。

ケイン・コスギ

| 未分類 |

ケイン・コスギをご存知でしょうか。
日本でもよくよくテレビ番組に登場しますが、日系のアメリカ人でタレントです。
日本での目立つ出演番組には『筋肉番付』や『SASUKE』などのスポーツ系バラエティ番組が挙げられます。
成績もよく、まるで現役のスポーツ選手かのような記録を残しています。

そんな彼のクルマは、クライスラー300だと言われています。
クライスラーはアメリカの自動車メーカーです。
自動車産業大国であるアメリカでビッグスリーのひとつとして名前が挙げられていました。
2009年に金融危機のあおりを受ける形で倒産法を申請、再建しました。

クライスラーは常に先進技術を取り入れてきました。
それはビッグスリーに名を連ねるほかの2社( ゼネラルモーターズ、フォードモーター)にも引けをとりません。むしろ置いていく勢いです。

高級感のあるセダンとして売り出されました。300Cをベースにしています。
既存のシリーズに近代的なアレンジを加えられたというだけあり、エンジンその他の性能はとても高い水準を保っています。
外観はまさに重く、質実剛健な雰囲気です。黒塗りの光もまたそのイメージに拍車をかけます。
また、性能でいうとスポーツカー並みです。
見た目が大きく圧倒的である分、存在感は充分だといえます。

最近の投稿